THE BONDS 2020に参戦してきました!

THE BONDS 2020に参戦してきました!

コロナ後の日本で、いや世界で初めて開催されたであろう音楽ロックフェス「THE BONDS 2020」の初日(8月1日)に参加してきたので、レポートしておきます。

このTHE BONDS 2020(ボンズ)は、もともと「OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2020 -ジャイガ」というここ数年毎年開催されているフェスが新型コロナで中止になって、そのスピンオフイベントとして開催されました。

開催の2週間前くらいから新型コロナ感染者数が突然増え始め、1週間を切ったあたりで爆発的に増加。大阪モデルも黄色信号となり、大阪府の吉村知事は8/1から5人以上の飲み会などを自粛するように呼び掛けていました。

開催中止になるのでは、、と思っていましたが、感染症対策を徹底した上で強行開催されることになりました。

正直、あかんのちゃうかな?自粛するべきちゃうかな?と思いましたし、絶対にめちゃくちゃ叩かれるだろうし、僕も参加したら駄目なんじゃないかなと悩みました。

マキシマムザホルモンのナヲさんがMCで、
こんな状況で出演するかギリギリまで悩んだ事と、
でもこれは大きな最初の1歩で、だからこそ、このイベントは絶対に成功させなきゃいけないと話されていました。

その言葉がとても胸に刺さって、
音楽が好き、ライブが好き。だからこそ今までよりもっと感染症対策をきっちりしようと思いました。

会場周辺の様子

ライブ本編は12時からだったので、少しゆっくり目に向かいました。
11:30頃のJR環状線、大阪城公園駅前です。

人がいなさ過ぎてびっくり!
え、日にち間違えてないよね?とチケットとカレンダーを二度見するレベルでした。フェス感がなさすぎる笑
平日でもいつももっと人がいるレベル。
まぁコロナ禍のせいなのてしょう。

ライブ前は人がごった返してるはずの噴水前もこの通り。
出店も全然でていませんでした。

充分すぎる程のソーシャルディスタンスで会場入口まで歩くと、なんだか既視感のある浮き輪で作られた控え目なゲートがありました。(去年か一昨年もジャイガでこの浮き輪を見たような??)

入場時のコロナチェック

会場に入る手前でスタッフの方に止められて、厚生労働省の新型コロナ追跡アプリの起動画面と、大阪府の大阪コロナ追跡システムのメール受信画面をチェックされました。

その後、会場入口でもう一度先ほどの画面のチェック、体温測定、電子チケットのもぎり、手指のアルコール消毒を経てやっと会場内に入る事ができました。
人がガラガラだったからよかったものの、確認箇所が多い事と表示に手間取ったりするので、ひとたび行列ができると全然進まなくなりそうな感じがしました。

※厚生労働省の新型コロナ追跡アプリは事前にインストールしておく事をオススメします!!
iPhoneでOSの更新をしていない場合、インストールできない事があります!OSの更新にはWi-Fi接続が必須なうえ、30分〜1時間程度の時間が掛かったりするのでその場合は色々大変です…
(スタバまで戻ってWi-Fi接続して…とか地獄…)

会場内には各所にアルコール消毒がありました。

アリーナエリア入場時のIDチェック

アリーナ席だったのですが、アリーナ席入口にスタッフの方が常駐していて、電子チケットの提示を求められます。

今回の電子チケットは分配不可のタイプだったので、代表者のスマホにしかチケットがない状態です。
なので、トイレに行く場合でも代表者と同行しなければ観覧エリアに戻ってこれません!

これは極めて不便で、不満を漏らす人が周りに結構いました。
(スクショで通過した人も居たようですが…)
でもチケットは1度に6枚くらい買えたはすなので、6人組でトイレに行くのも団体行動というのはさすがに無理かなとは思いました。今後なんとか対策していただきたいです。

会場内(閲覧エリア)の様子

アリーナ最前列から客席を撮ってみましたが、思っていたより結構ソーシャルディスタンスがあって、ライブとしてはかなりガラガラな感じがします。これで盛り上がるのか…?
アーティスト側は悔しい気持ちになりそう…
なにより収益が大変そう…

わりと終盤の転換中の様子です。
多分これでほぼ満席状態だと思うのですが、こんなもんでした。
かなりガラガラに感じます。

ライブの持ち時間は少なめで30分もないくらいで、その後転換で30分待ちを繰り返すので、結構ヒマな時間が多かったです。1ステージだと仕方がないのですが…

物販エリア

物販を見に行ってみましたが、すでにガラガラでした。
飛沫感染防止の透明フィルムも張られていました。

マキシマムザホルモンブースだけ完売となっていてもぬけの殻でした。
感染症対策なのかサンプルは置いてませんでした。言ったら見せてくれるとは思いますが、売上はやっぱり下がりそうですね。

飲食ブースが見つからない…

小腹が減ったな〜と思いましたが、大阪城ホールの中には売店は全然ありませんでした。ホームページには、「電子マネーのみで決済可能」なハンバーガーなどが販売されると記載されていたはずなのですが、どこで売ってるのか気付きませんでした。。

噴水前のローソンかスタバまで戻らないと飲食物は買えない感じ。

まさかの飲酒禁止!!!

そうです!今回、場内へのお酒の持ち込み、飲酒が禁止でした!
いつもライブ鑑賞中は常に飲酒しているので、正直これが1番つらかったです…
特にホームページやチケット購入時にも記載されていなかったと思うのでめっちゃ驚きました。
ペットボトルの持ち込みなども記載されていませんでしたが、ペットボトルのお茶やソフトドリンクは大丈夫そうな感じでした。

再入場について

再入場の際にはリストバンドが必要で、会場を出るときにわりと雑に配っていました。自分で巻いてください〜という感じ。
なんのロゴもない紙タイプのやつでした。
会場への再入場はリストバンドがあれば体温測定と手指消毒だけで通過できました。

終演後は規制退場もなく、というかするまでもないくらいで、スムーズに帰れました。

アフターコロナのライブの在り方

ソーシャルディスタンスを取った、場所指定のアリーナ席で観覧しましたが、
前後左右から押されることもなく、快適に見ることはできましたし、ヘドバンもツーステも快適にできます。
できますがしかし、何かちょっと物足りない。。

CDが売れなくなってライブで稼いでたアーティストさんが、ライブができなくなって、またはこんな形で少人数でしかできなくなるとしたら、これからアーティストは減っていってしまうのでしょうか。
それとも別の形を生み出して行くのでしょうか。
何か手伝えることはないかと微力ながら考えていきたいです。
ここまで私が生きてこれたのはアーティストさんが、音楽があったからなので。

https://the-bonds-osaka.com

http://giga-osaka.com

雑記カテゴリの最新記事

ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish